インドネシアで地震無き・・前兆なき・・津波!

インドネシア中部ジャワ島とスマトラ島に22日夜に押し寄せた津波は、
火山島の噴火に伴う海底の地滑りが原因とされ、通常、津波の予兆とされる大地震が
発生していなかった。

ジャワ島西部バンテン州の沿岸部では、
「前兆なき津波」が突然人々を襲い、多くの犠牲者が出た。

報道で日本でも起きていた!という話を聞いて自分は直ぐピンと来ました。

それは、日本で発生した現地でその話を聞いて来たから・・。

2013年に長崎県島原市で講演がありました。

9.20

その時に現地で聞いた話が、江戸時代に発生した
「島原大変肥後迷惑」の災害です。

~~~~~~~~~~~~~~~

島原大変肥後迷惑(しまばらたいへんひごめいわく)とは、
1792年5月21日(寛政4年4月1日)に肥前国島原(現在の長崎県)で発生した
雲仙岳の火山性地震およびその後の眉山の山体崩壊(島原大変)と、
それに起因する津波が島原や対岸の肥後国(現在の熊本県)を襲ったこと
(肥後迷惑)による災害である。

~~~~~~~~~~~~~~~

死者15,000名に達したと聞きました。

東日本大震災の津波犠牲者とほぼ同数です。
※現在の行方不明者は除く

そしてその犠牲者数と現象に驚きました。
だって、島原側で約10,000人、時間差で津波が襲った対岸側の熊本で
5,000人が亡くなったらしいので・・。

だから肥後迷惑という言葉ができたのでしょう。

さらに講演前に現地をご案内頂いて驚いたことがたくさんありました。

例えば、平成3年雲仙普賢岳の火砕流により死傷者、行方不明者が発生した
被災現場に連れていってもらったり、国営の資料館を複数視察したり、
火砕流の恐ろしさを実感しました。

当時の報道をリアルタイムで見ていた自分が、その現地で当時を話を聞き
3.11被災地を重なる部分をたくさん体感したのでした。

当時書いた、ブログがあります。

【1】22年前の被災地訪問
https://ameblo.jp/successboss/entry-11620442057.html

【2】東北の被災地が後世に教訓を伝えるために
https://ameblo.jp/successboss/entry-11621552230.html

私が島原で驚愕の真実を聞いたほうに、
災害の真実は現地で聞くのが一番です!

語り部ガイド実績10000名突破!

東日本大震災被災地石巻エリアを巡るツアーです!

1名~150名まで対応!個人=家族対応につき、好評を得ています!
石巻・東松島・女川町、視察地 自由選択制 被災地語り部ガイドツアーです。

2019年度分も好評受付中!
http://picturebook-owner.com/kataribe.html