被災地訪問者の想い

今年の8月は被災地も連日猛暑です。
お盆を過ぎて少し和らぎましたが・・

その猛暑の中、精一杯被災地ガイドをさせて頂いております。

夏休みということで連日、お子さんを含む家族の方々です。

今週末の22日までに、26家族をご案内することになります。
1日二回ガイドの日もあります。
中には、ガイド希望日の前日に電話での依頼や
当日朝の依頼もありました。
とても真剣な方々が多いという印象です。
問い合わせの時に、一緒に届いているメッセージをご覧頂きます。
被災地訪問に心から感謝申し上げます!
~~~~~~~~~~
●ガイド依頼者からのメッセージ

・家族旅行です。
小学5年生と3年生の子どもたちに、震災のことを知って欲しいと思い、
今回、東北を旅します。

・ラテンアメリカ諸国を対象にした開発支援を行う公的機関に勤務している者です。
久しぶりに日本に一時帰国できそうなので、その際に是非、
東北の現状をこの目で見てみたいと思いいろいろと調べているうちに
貴プロジェクトの案内に目が留まりました。

・親は教員なので、目と耳で体験したことを
是非子どもたちに伝えていきたいと思っていますので、
よろしくお願いいたします。

・親子3世代5人の申し込みです。
初めての東北旅で、HPを拝見して、
何とかぜひガイドをお願いしたく申し込みいたしました。

・東松島は、昨年、語り部さん(別団体)にお世話になりました。
女川町もよくお伺いしています。
今回は、石巻市中心部のお話をうかがう事ができれば・・

・今回、所用で仙台を訪問する機会に小学校3年生と1年生の息子たちに
震災のことを理解してもらいたくてお願いできれば考えています。
ちょうど上の子が、1学期に防災についての授業を受けたところです。

・参加者は高知県内2校からそれぞれ2名ずつ4名です。
今後、勤務校の防災教育に役立てるための視察研修です。
被災当時から現在に至る中でも、子どもたちの様子や学校・教職員
にかかわることもお聞きできるとありがたいです。

・大人2人、中学生2人、小学生1人です。初めての東北旅行ですが、
震災の様子を見たい、見せたいと思いました。本や映像ではなく実際に肌で体験し、
学びたいと思います。よろしくお願いします。

・小学5年生の娘との家族旅行です。私も被災地を訪れるのが初めてなので
ガイドしていただいてさまざまなことを学びたいと思い、お問い合わせさせていただきました。

・大学の子供に今の生活に甘えてころもあり、
しっかり自分の将来を見つめ直してほしいという思いと福祉、看護の道を
目指したいという子供たちになにができるのなか震災地を見て感じて欲しく
訪れる決心をしました。

・昨年の夏、お話をいただいた●●です。
またお話いたたきたく連絡しました。

今回の女川では、復興の様子を中心に説明と案内をお願いしたいと思います。
石巻は、長女以外は日和山からの様子も見ています。

中井様のお宅がある地域を案内していただけたらと思っています。
今年は11日に陸前高田へ入り、その日のうちに陸前高田で行けるところへ行きたいと思っています。
その日は陸前高田に泊まり、午前中は陸前高田にとどまり、
約束の時間にあわせて石巻へ下っていく予定です。
横浜での講演も家内と聞かせていただきました。
慌ただしそうなので、声はおかけしませんでした。

日々、あの日の記憶が薄れていくのが気になる毎日です。
私の家族では高3の長男以外、東北のことがそれぞれの心から離れない状態です。
今回も心に残るガイドをお願いします。

~~~~~~~~~~
今月5週目から、さらに9月、10月、11月と観光シーズンになってきますと
団体の被災地訪問者が増えてきます。
被災地訪問に心から感謝申し上げます!

 

■被災地語り部ガイドの依頼は・・
アイドルグループのガイド実績もあります!
http://picturebook-owner.com/kataribe.html

DSC04356-1