被災地支援!芸能人の人間力

━━━━━━━━━━━━━━━━

週刊 『防災朝礼』メールマガジン

(第32号 2019/09/5)

+++日本初~企業を永続させる

      防災朝礼のススメ!  +++

~防災の学びを通して

社員のリーダー力・人間力強化~

発行者:(一社)防災プロジェクト

           代表理事 中井政義

http://防災プロジェクト.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━

■『防災朝礼』のスタートです。

いつも『防災朝礼』メルマガを

お読み頂きありがとうございます。

一般社団法人 防災プロジェクト

代表理事の中井政義です。

先週うっかり

伝え忘れました!

8月24日、日本テレビの

「24時間テレビ」にて

嵐の松本潤くんが、

私の自宅があった

東松島市大曲浜で

8年継続されている

青い鯉のぼりプロジェクト

のために東松島市に

来てくれ生中継されました。

全国に東松島市大曲浜の

青い鯉のぼりプロジェクトが

知れ渡りました。

感激でした!

私も勇気をもらい

TSUNAMI GUITAR PROJECTを開始!

https://congrant.com/project/bosai/960

さらにクラウドファンディングを

申請中です。

──▼─────────────

被災地支援!芸能人の人間力

──▲─────────────

「防災朝礼」は

令和時代を迎え

新しいスタイルで

お届けします。

忘れがちな防災について

・思い出すキッカケ

・話し合うキッカケ

となる朝礼ネタを

提供します。

職場やチームで

朝礼の話し合いの

テーマ(ネタ)として

ご活用ください。

今回のテーマ(ネタ)は

「被災地支援!芸能人の人間力」

をお届けします。

~~~~~~~~~~~~~~

みなさんもTVで

被災地支援目的で

炊き出しをする芸能人の姿を

見たことがあると思います。

東日本大震災の時も

たくさんの芸能人が

被災地に炊き出しに

来てくれました。

実は、、、

これに関しては賛否両論でした。

実際に被災地では、

県外のファンやおっかけの方が

たくさん押し寄せてしまったから

交通網が麻痺しました。

さらに、炊き出しの

ご飯を食べられたのは

結局そのファンや

野次馬が多く

そもそもの被災者は、

駆り出されて手伝うばかりで

食べられない人もいたし

行きたくても

津波で車を失った方も多く

行けなかった・・。

その前に、、、

そういう(外出する)

気にならない人もたくさん

いました。

要は、、、

深刻な被災者ほど

「それどころではない!」

これが事実です。

特に石巻に1週間も

滞在してくれた●●軍団は

TVで1週間滞在すると

公言してしまっておりますから

もうお祭り騒ぎだった・・

炊き出しというより、

「屋台村」状態でした。

途中、有名女優も加わって

大フィーバーでしたね。

※今となっては懐かしい・・

一方で、噂によると

渋滞の影響で

緊急車両の出動ができな・・とか

炊き出しの間は、

工事車両が駐車できない・・とか

自衛隊や運送業者も

満足に物資を届けることが

できなかった・・とか

マスコミカメラを

通して食料をふるまう

芸能人たちをよそに

不満を爆発、

冷ややかな目で見ていた

現地人も多いとか。

でもテレビでは

笑顔の現地の人々らしき人が

映し出される。

それを見て

つい安心してしまう視聴者。

視聴者は、

そこがいったいどういう(悲惨な)

場所かも知るわけもなく・・

まさに作られた

感動物語に思えます。

一方、報道とは無縁に

個人的に変装して

炊き出しや支援に

来た芸能人もいます。

有名なのは、

元SMAPの中居くんです。

当時の記事によると・・

~~~~~~~~~~~~~~

「4月7日、福島県内の

とある避難所で

極秘炊き出しを行った

SMAPの中居正広(38)。

「また来るから!」

との言葉を残して

帰っていったが、

その約束通り、

17日後の4月24日、

中居は2度目の

炊き出しを行った。

訪れたのは

福島県内の別の避難所で、

当日の午前7時過ぎ、

中居は男女数十人の

ボランティアと一緒に

マイクロバスで到着。

「中居さんは白いニット帽に

スポーツサングラス、

マスク姿だったので、

ほとんどの人が

気づきませんでした。

中居さんたちの手際は、

下ごしらえから

すべてシステム化されていて、

“本格的ですごいよ”って、

みんなの間で話題に

なっていたんです。

品数も多く、味も絶品でした」

~~~~~~~~~~~~~~

TVカメラを連れてこない、

マスコミにもプレスを

送っていない・・

素晴らしいですね!

同様に凄いと思ったのが、

吉川晃司氏です。

自叙伝によると・・

完全に一個人として

ボランティアに登録して

被災直後から石巻に入って、

ひたすら自転車の

パンク修理をしていたそうです。

完璧な変装で、誰にも

気づかれなかったらしいです。

もちろんマスコミも知りません。

まさか、、、

吉川晃司が被災地で

自転車のパンク修理を

しているなんて

誰も思わないですからね・・

のちに

ギタリストの布袋氏との

コラボユニット

コンプレックスの再結成

東京ドームコンサートで

集まった収益金7,000万円を

全額石巻市に寄付している・・

なんという男気!

男の鏡ですね!!

見る目が変わりました。

私たちは報道を見て

わかりました。

芸能人もピンキリで

TV局を連れてくる、来ないで

人間力の差が出たな・・と。

結論です。

有事にこそ、「人間力」で差が出ます。

あなた自身も

「人間力」を自己判断してみてください。

そして、、、

「芸能人の被災地支援」について

一度、職場の方々と

意見を交わしてみてください。

・・・と言いながらも

芸能人からご支援頂けるのは

羨ましい~

実は、ここだけの話・・

私も諦めていません。

継続は力なり・・

継続すれば

有名ミュージシャンの目に留まるはず!

そして、徐々に知れ渡って行くはず!

「思考は現実化する!」

これを夢見て・・

私個人の震災「遺物」を公開する

東日本大震災の

『津波・被災ギター』の

復活ストーリーにスポットを当てた

TSUNAMI GUITAR PROJECT!

継続していきます。

まだまだ・・

はじまったばかりですが

有名ミュージシャンの目に留まるまで

「思考が現実化する!」まで

頑張ります!

======================================

■世界初公開する

東日本大震災の『津波・被災ギター』で

『震災伝承・風化防止』を実現させる

TSUNAMI GUITAR PROJECT!

https://congrant.com/project/bosai/960

======================================

これを実現するために

皆さまのお力をお貸しください。

今回、、、

ファンドレイジングを使って

寄付を求めております。

ギターの弦にちなんで

1弦サポーターから

6弦サポーターまで

6段階があります。

メルマガ読者様

限定の優遇特典としまして

4弦、5弦、6弦サポーター様に

特別返礼品をお届けさせて頂きます。

以下が特別返礼品です。

■特別返礼品紹介

http://e-kahoku.com/tgp/tokuten.htm

どうぞ、ご協力

よろしくお願いいたします。

■TSUNAMI GUITAR PROJECT!

https://congrant.com/project/bosai/960

━━━━━━━━━━━━━━━━

一般社団法人 防災プロジェクトが

提供できる防災サポートのご紹介!

  • 石巻圏語り部ガイド

http://picturebook-owner.com/kataribe.html

  • 防災講演

http://picturebook-owner.com/kouen.html

  • 人間力向上講演

http://e-kahoku.com/nakai/kouen.html

  • 黄色い安否ハンカチ

http://e-kahoku.com/index2

  • 「防災朝礼」全号一覧サイト

http://picturebook-owner.com/merumaga.htm

================================

[防災朝礼メールマガジン]

 発行者:

 一般社団法人 防災プロジェクト

━━━━━━━━━━━━━━━━

・一般社団法人 防災プロジェクト

 公式サイト

http://防災プロジェクト.com/

・一般社団法人 防災プロジェクト

 Facebook

https://www.facebook.com/bosaiproject/

・一般社団法人 防災プロジェクト

 Twitter

https://twitter.com/masayoshinakai

━━━━━━━━━━━━━━━━

○●●○●●○●●○○●●○●●

本メールを新聞、雑誌等での引用は

法律で禁止されております。

必ず、使用許諾を申請ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━

防災朝礼を活かして社員教育!

週刊 防災朝礼メールマガジン

第32号