■第2号■週刊『防災朝礼』メールマガジン

■第2号■週刊『防災朝礼』メールマガジン

━━━━━━━━━━━━━━━━

週刊 『防災朝礼』メールマガジン
(第2号 2019/02/7)

+++日本初~企業を永続させる
防災朝礼のススメ! +++

~防災の学びを通して
社員のリーダー力・人間力強化~

発行者:(一社)防災プロジェクト
代表理事 中井政義
http://防災プロジェクト.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━

‥◆今回のメニュー‥‥‥‥‥‥‥

1.誤算だった・・
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
2.守ってやれなくてごめんね。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
3.防災朝礼の行い方・進め方
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
4.川柳風 震災辛口あるある~
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
5.防災のセカンドオピニオン
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■『防災朝礼』第2号スタートです。

いつも『防災朝礼』メルマガを
ご購読ありがとうございます。

一般社団法人 防災プロジェクト
代表理事の中井政義です。

今回から実際に朝礼で使用できる
A4版用紙の原稿(ネタ)をお届け
いたします。

サーバーに既にアップロード済み
ですので、今回お送りしているURL
を開いてプリントしてご使用下さい。

それでは、日本に防災革命を起こす
「防災朝礼」の世界へGO!GO!

その前に・・

今回はじめてこのメルマガを
お読みの方は、創刊号も事前に
お読み頂くと趣旨が理解できます。

創刊一号 URL
https://archives.mag2.com/0001685396/

──▼─────────────
1.誤算だった・・
──▲─────────────

先週後半から、、、

張り切って「防災朝礼」ネタを
書き進めました。

よし、
これくらいがA4用紙1枚に
ちょうど入るくらいの文字量かな・・

ワクワクしながら
完成した原稿を

パソコンのメモ帳から
ワードに「カチャ、カチャ」と
コピペして貼り付け~!

ありゃ~、、、

A4用紙1ページ完結のはずが、
2ページ目までギッシリ!

要は予定の2倍の文字量に
なってしまったということ!

真剣になればなるほど
伝えたい思いが強いため

あれも伝えたい・・
これも伝えたい・・
あっ、あれもあった!

どんどん増えたようです。

さすがに朝礼でA4用紙2枚じゃ~
読む方も大変!(汗)

というわけで、編集!

そして何度も読み返し、、、

改行はここがベストかな?
この表現はイマイチだな?

バランスはどうだろう?と、、、

実際にプリントして全体バランスを
チェック!チェック!

さらに編集!編集!編集!

結局、、、

A4用紙 1枚の完成に10時間くらい?
時間が掛かっているかも。(苦笑)

まあ、慣れるまでは仕方ない!

今日あたりは
キーボードを叩く指も激痛です!

なぜか?左手人差し指が特に痛い
辛抱あるのみ!

この痛みも、、、

「日本に防災革命」に繋がれば、
我慢できる!というもの・・。

──▼─────────────
2.守ってやれなくてごめんね。
──▲─────────────

先日、昨年の被災地ガイドの
年間ガイド人数を集計しました。

2018年度は、1,293名の方をご案内
させていただきました。

私をご指名して来てくれた方々に
この場を借りて御礼申し上げます。

2017年度は、1,573名でしたので
280名減っています。

このように減少傾向にあります。
今年はさらに減るかもしれません。

要は、震災が風化しているのです。

震災の風化防止の取り組みは
被災地で数多く行われていますが

私は「防災朝礼」という企画で
風化を防ぎたいと必死です。

ぜひ、周りの方にご紹介ください。
よろしくお願いいたします。

というわけで、、、

お待たせしました。
「防災朝礼ネタ」のURLを
お届けします。

「守ってやれなくてごめんね。」
という内容です。

東日本大震災の実話が
書かれています。
↓↓↓↓↓↓

http://e-kahoku.com/bosai/1.pdf

↑↑↑↑↑↑
A4用紙 1枚に縦書きで
読みやすくまとめています。

──▼─────────────
3.防災朝礼の行い方・進め方
──▲─────────────

はじめに:

一日の始まりである朝だからこそ、
組織やチーム全体で「感謝心」を
意識して朝礼を行うことで

「元気」や「やる気」が自然と
満ちてきます。

以下を参考に『防災朝礼』を
行ってください!

~~~~~~~~~~~~~~~~

■ステップ:1)
事前にプリント【準備】した
「防災ネタ」(A4用紙 1枚)を
社員全員に配布します。

※気づき等、紙面に書き込めるよう
クリップファイル(バインダー等)
に挟んでご活用ください。

■ステップ:2)

「今日の当番」が大きな声で元気よく
朝礼のあいさつをします。

おはようございます!
本日も『防災朝礼』をはじめます!

■ステップ:3)

お互いに
「今日もよろしくお願いします!」
とあいさつしたり、握手したり、
コミュニケーションを取ります。

■ステップ:4)

当番は「防災ネタ」(原稿)を
声を出して読み上げます。

ほかの人たちもプリントした
「防災ネタ」を背筋を立てて

文字を目で追いながら聞きます。
(心に落とし込んでください。)

■ステップ:5)

「防災ネタ本文」の感想を各自が
順番に1分程度で全員が述べて
ください。

最後に、「今日の当番」がまとめを
発表してみなさんで共有します。

途中でも気づいたことは
「今日の気づき欄」に記入します。

■ステップ:6)

「防災ネタ」用紙を家に持ち帰り、
家族と共有してください。

防災は、家庭と職場両方で
達成できなければ意味がありません。

■ステップ:7)

最後に、会社の社訓や経営理念、
スローガンなどを唱和します。

■ステップ:8)

当番が最後に、「今日も1日、
よろしくお願いいたします。」

と挨拶し、全員で元気よく復唱します。

笑顔で一礼し、朝礼を終えます。

~~~~~~~~~~~~~~~~

◎防災朝礼のメリット:

・声を出すことで活力が満ち、
人前でも物おじしないリーダーが育ちます。

・意見をいうことで責任感が生まれ、
それが自助力に繋がって行きます。

・災害時、最も求められるのが高い人間力です。
発する感想の根底に「感謝心」があると
「人間力」向上に繋がります。

──▼─────────────
3.川柳風 震災辛口あるある~
──▲─────────────

【川柳風 震災辛口あるある~】

被災しても結局、当事者しか
解らないんだよね~

被災地には、そんな声があります。

被災地・被災者の苦しみを普通に
伝えても中々伝わりません。

だから・・
伝え方に工夫を加えてみました。

皆さんが意外と知らない、
被災地・被災者間では当たり前の
「あるある」を川柳風にチクリと
辛口に解説を加えてお伝えする
シリーズの第2回目です。

今回は、私自身、家族も困った
「被災地あるある~」です。

━━━━━━━━━━━━━━━━

▼第2回目▼

ミスマッチ 着の身着のまま 1ヶ月

━━━━━━━━━━━━━━━━

詳しい解説は、次回お伝えいたします。
お楽しみに!

──▼─────────────
5.防災のセカンドオピニオン
──▲─────────────

防災に関することで、
何か私にできることはありますか?

御社の防災セカンドオピニオン
になります。

防災の専門家とのネットワークが
ありますので、あらゆる悩みが
解決できます。

今現在の防災対策で心配なこと等が
ありましたら、セカンドオピニオン
としてご活用ください。

少しでもご期待に添えるよう
被災経験を元にできる範囲で
お手伝い、ご協力させて頂きます。

無料相談直通アドレスは以下です。
件名は防災相談にてお願いします。
(担当者:中井)

nakai@e-kahoku.com

━━━━━━━━━━━━━━━━

一般社団法人 防災プロジェクトが
提供できる防災サポートのご紹介!

●被災地語り部ガイド
http://picturebook-owner.com/kataribe.html

●防災講演
http://picturebook-owner.com/kouen.html

●人間力向上講演
http://e-kahoku.com/nakai/kouen.html

●わが家のぼうさい相談所
https://peraichi.com/landing_pages/view/bp311

●黄色い安否ハンカチ
http://e-kahoku.com/index2

================================

[防災朝礼メールマガジン]

 運営:
一般社団法人 防災プロジェクト

━━━━━━━━━━━━━━━━

・一般社団法人 防災プロジェクト
公式サイト
http://防災プロジェクト.com/

・一般社団法人 防災プロジェクト
Facebook
https://www.facebook.com/bosaiproject/

・一般社団法人 防災プロジェクト
Twitter
https://twitter.com/masayoshinakai

━━━━━━━━━━━━━━━━

○●●○●●○●●○○●●○●●

本メールを新聞、雑誌等での引用は
法律で禁止されております。
必ず、使用許諾を申請ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━
防災朝礼を活かして社員教育!

週刊 防災朝礼メールマガジン
第2号